日焼け止めとビタミンDの関連性について

日焼け止めでビタミンDが欠乏している人が増えてるって本当?

日焼け止めクリームを塗る女子

 

 

日差しの強い時期に必須な日焼け止め。
美白を目指す女性にとってはもはや必需品ですよね。

 

ですが、知っていましたか?
大阪樟蔭女子大をはじめとする研究チームが

 

『週に3日以上日焼け止めを使用している20代女子の血液中のビタミンDが欠乏状態となっていた。』

 

と言う衝撃の事実を発見したんです。

 

でも、ビタミンDが不足するとどうなるの?
ビタミンDってマイナーだし、そんな大した問題じゃないでしょ!

 

なんて甘く考えて、日焼け止めを使い続けると大変なことに…。
日焼け止めを使用するとなぜビタミンDが不足してしまうのか、また、ビタミンDが私たちの体に与えてくれる効果を調べてみました。
日ごろから日焼け止めを日常的に使っているあなたはぜひ、チェックしてみてくださいね。

 

 

日焼け止めが原因でビタミンDが不足する理由

 

ビタミンDは、紫外線の中の紫外線B波(UV-B)を浴びる事によって生成されます。
ですが、日焼け止めを塗るとこの紫外線をシャットアウトしてしまいます。
その結果、体内でビタミンDを生成する事が出来なくなり、ビタミンDの欠乏状態となってしまいます。

 

 

ビタミンDが不足すると?

 

ビタミンDは私たちの体の中で、カルシウムの吸収をサポートしたり、骨の健康維持を助ける働きがあります。
ですが、このビタミンDが不足してしまうと上記のような機能が損なわれてしまいます。
その結果、あなたの体を支える骨が弱く、脆い(もろい)ものへと変化していってしまうんです。

 

 

ビタミンDを補う事が大事!

 

日焼け止めと併用してサプリメントや食事等でビタミンDを補う事が大切です。
特に、さけやきくらげ、いわし、いくらはビタミンDを豊富に含むのでビタミンDの欠乏状態と防ぐために積極的に摂取することがおすすめです。

 

 

 

 

紫外線はキレイなお肌の天敵!
と言う事で毛嫌いする方もいるかと思いますが、人体に必要なビタミンDを生成してくれる大切な力があります。

 

可能なら紫外線を恐れず、日焼けめを塗らないまま外出するのが一番!

 

ですが…それもなかなか難しい話ですよね。
やはり日差しの強い時期に日焼け止めは必要不可欠ですが、ビタミンDの補い忘れには注意しましょう。
そうして日差しに負けないキレイなお肌と、そして体の内側から健康な体、この2つをぜひ手に入れてほしいです。

 

 

ビタミンDも含まれる飲むタイプの日焼け止めはこちら↓