日焼けにおいて日常生活で気を付ける事

【日焼け対策】日ごろから気を付ける事って?

日焼けの原因は明確ですね。
そう強い日差しから降り注ぐ『紫外線』です。
紫外線の受け方によってはシミ、シワの原因だけでなく、最悪皮膚がんのリスクを高めてしまう場合もあります。

 

肝心なのは紫外線からあなたのお肌を守る事です。
そのために、日ごろから特にこれを気を付けておくべき!というポイントがあるのなら知りたいところ。
当サイトでリサーチしてみましたので以下をご確認ください。

 

 

紫外線が多い時間に出歩かない。

 

紫外線のピーク時間はAM10時〜PM14時の3時間です。
この時間帯はなるべく外出を控えましょう。
ピーク時間だけでも避けるようにできればお肌を紫外線にさらす時間も確実に減り、効果的な日焼け対策ができそうですね。

 

ちなみに曇りの日だとしても、快晴の日の60%程度の紫外線が降り注いでいます。
なので今日は曇りだからイイや!と油断することなく、上記のピーク時間は曇りの日も気にするよう心がけてください。

 

 

地肌の露出を控える。

 

黒などの濃い色の長袖を着用することで紫外線を抑えることができます。
『UVカット洗剤』を使用してみたり、『UVカット素材』の服を着用するようにすると更なる効果を期待できる可能性があります。

 

 

食事はバランス良く!

 

シミの原因となる『メラニン色素』は、食事でその生成を抑えることができます。
特に日焼けが原因で発生するメラニンを抑えるには『ビタミンC』が有効と言われていますね。

 

ビタミンCを摂取できる食べ物:
パセリ、ブロッコリー、ピーマンなどの緑黄色野菜、レモン、いちご、味付けのり、せん茶の茶葉、ゆず、アセロラジュース等

 

このビタミンCを摂取する事により、メラニンの生成を抑制する事ができます。
またコラーゲンの生成もサポートしてくれるので、美肌を手に入れるにはとっても効果的な栄養素です。

 

その他にも、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、コラーゲン、ポリフェノールを積極的に摂取することがでより一層に効果が期待できるでしょう。

 

 

十分な睡眠を!

 

お肌のゴールデンタイムと呼ばれる
『PM22時〜AM2時』の間に睡眠をとる事ができるとベストです。
睡眠をとると成長ホルモンが分泌されます。
成長ホルモンは、起きている間に受けた体中の細胞のダメージの回復・修復機能があります。
紫外線でダメージを受けたなたのお肌も、成長ホルモンの活躍により修復されるいう体の仕組みを活かし、日焼け対策をするというわけですね。

【日焼け対策】それでも不安なあなたにおすすめの商品